水に近いローションと機能を果たす化粧水の比較

  • チロシン含有化粧水と美白化粧品の違い・比較

    • メラニンはメラノサイトとチロシナーゼが働きかけてできる物質です。メラノサイトが表皮にまで浮かび上がってきて、メラニンに変形した後にシミや色素沈着、黒子の原因を作り出してしまいます。通常なら皮膚の中にある「チロシン」が働きかけて、チロシナーゼを制限するはずですが、場合によっては機能しません。

      化粧水の比較の情報検索ができます。

      化粧水に『チロシン』を配合する機会がありますが、用途は皮膚の再生を促進させる、メラノサイトの働きを妨害するなどです。



      美白化粧品に入っている有効成分(プラセンタエキスやビサボロールなど)と比較すると、メラニンを除去する力は劣りますが、色素沈着の原因を根本的にブロックしてくれるため、シミや黒子の沈着予防に適します。


      あらかじめ『チロシン』配合化粧水を付けておけば、太陽光から放出される紫外線や摩擦、活性酸素による害(メラノサイトの活性化)も防げるのがポイントです。

      美白化粧品は比較的、メラニンの排出や薄くする力がある成分を配合しています。
      トラネキサム酸は『チロシン』と違って既に成立した色素沈着やこれから活性化しようとしているメラノサイトに規制をかけます。しかし、チロシナーゼをブロックする根本的な成分ではないため、『チロシン』の方が効き目は強いです。
      美白作用は余りない反面、チロシナーゼ、メラノサイトに制限を加える力には特化しています。



      化粧水に配合しやすく、不安定ではない成分ですから、比較的に使いやすいと見做せます。