水に近いローションと機能を果たす化粧水の比較

  • 比較することが重要な化粧水

    • 基本は保湿を補うのが化粧水になっていますが、いろんな種類があることを知っておきましょう。


      肌質にあった製品を使わないと、後でトラブルを引き起こすことになります。


      基本は保湿以外に求めたいものを補ってくれる製品を求めることになりますので、化粧品の種類からその比較をすることを怠らないようにしてください。

      すごく便利な化粧水の比較を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

      保湿以外の比較してほしいポイントは、美白やニキビ用、収斂作用、アルカリ性などです。


      たとえば美白であれば、くすみやシミが多いときに重宝する化粧水になります。美容液からアプローチをする方法もありますが、化粧水にもそのような改善する成分が含まれていれば、効果を期待することができるでしょう。



      ニキビ用や収斂作用、そしてアルカリ性の製品は注意が必要です。

      使い方を間違ってしまうことによって、肌質のトラブルを抱えることがあります。


      ニキビ用は脂質性の肌を持っている人には重宝されますが、実は保湿不足からくるニキビもあります、またアルカリ性の化粧水になると、ターンオーバーを促進することになり、角質が目立つような方には良い製品になりますが、敏感肌の方になるとダメージを受けることになります。

      収斂作用を持つ製品は毛穴を目立ちにくくし、キメ細やかな肌にすることができますが、それでニキビができやすくなることも考えられるでしょう。


      このように自分の肌質に合った製品を比較して化粧品を求めることが大切です。



      ただ問題を解決してくれるだけで選ばないようにしましょう。